Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>




qrcode



ひびき(初回限定盤)(DVD付) JUKE BOX(初回限定盤A)(DVD付) “Signed POP ひとみみぼれ(初回生産限定盤) 言ノ葉+GREEN MIND 2012(初回生産限定盤)(DVD付) Signed POP(初回生産限定盤A)(DVD付) エンドロールEP(初回生産限定盤)(DVD付) LIVE 弾き語りばったり#7~ウルトラタブン~全会場から全曲収録~ IDEAS~the very best of KAN~ COVER 70’s

好きな音楽、徒然なるままに。
<< 福山雅治/Calling | main | KinKi Kids / K Album >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.01.18 Saturday | - | - |

秦基博/エンド・ロール
23:07
JUGEMテーマ:秦基博

続いては、 今のワタクシを語るに欠かせないアーティスト。
秦基博さんの、「エンド・ロール」です。

今回リリースされたこのCDはEPというらしい。
シングルよりも意味合いは強く、アルバムでもないCD。
秦くんは、昨年の武道館でも、5周年LIVEでもそんなふうに語っていた

さて、そんなEP扱いの今回のシングル(と言っていいのだろうか?)。
まず、1曲目がCDのタイトルにもなっている「エンド・ロール」だ。
静かに始まるイントロは、徐々にスケールを増し、最後は壮大に終わる。
静かに始まった映画が劇的なラストを告げるような1曲に仕上がっている。
ただし、曲の内容は失くした恋を後悔する男の切ない想いをつづったもの。

それぞれの歌詞のサビに入る前の1フレーズがいい。
短いフレーズなんだけど、すごく耳に残るフレーズだと思う。
歌詞はコチラでご確認を。
ちなみに、初回盤はこの曲のPVもDVD特典としてついてます。

「寒いところに連れていかれる。」とは、12月での本人談でしたが(苦笑)。
本当に寒い場所で、撮影されたPVも歌詞の世界観にピッタリでジンときてしまう。
PVに出て来る女の子がまた、可愛いんだよ

2フレーズ目の後の間奏。
ここのコード進行とか神だと思う。
この曲はアタシの好きなコード進行で歌が進むから、より聞きやすい。


2曲目の「トラノコ」
別名、丘サーファーの歌
この曲は、いつ最初に聞いたのかなぁ。
あっ、11月かな。
大阪城ホールで、新曲ですっつって聞いたんだ。
去年はGREEN MINDもオーキャンも行けなかったから
可愛い曲だなぁ、というのが最初の感想。
こちらの曲もPVがあるんだけど、これがまたエンド・ロールとは違う世界観で。
トラが出て来るんだけど、これがまた可愛い。
好きな女の子を思う気持ちがつづられてある1曲。
歌詞はコチラ


今回はEPということで。
あと2曲、新曲が入ってるんですけど。
3曲目の「恋の奴隷」
タイトルだけ聞くと、「ん?」ってなるんですけど。
これがまぁ、ピアノ1本で歌ってます。
何とも哲学的。
前2曲とは雰囲気もまったく違う。
ちょっとヤラれたなぁ、これで。

最後は「1/365」
私は、秦くんなりの応援歌かな?って思ってます。
この曲、ライブで聞きたいなぁ

今回はEPというだけあって
本当にバラエティーにとんでる。
去年は「水無月/夕凪の街」だけだったからね(本人談)。
今年の秦くんは、きっとあれこれ発表してくれるって信じてる。

5月は恒例のGREEN MIND 2012もあるし。
夏には事務所恒例のオーキャンも開催が決定されてるし。
目下は、2月25日の日本武道館でのSP LIVEが本当に楽しみ。
事務所の先輩である、山崎まさよし氏&スキマスイッチとの共演。
さらにはあの音楽一家服部良一さんのお孫さんである服部隆之氏との競演。

楽しみは続くよ、どこまでも。
もし、秦くんの曲の世界観が気に入ったなら、ぜひ他のCDもお試しください。
もちろん、全CDここで書くつもりですよー


| 2012.02.17 Friday | は行 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2014.01.18 Saturday | - | - |
Comment