Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>




qrcode



ひびき(初回限定盤)(DVD付) JUKE BOX(初回限定盤A)(DVD付) “Signed POP ひとみみぼれ(初回生産限定盤) 言ノ葉+GREEN MIND 2012(初回生産限定盤)(DVD付) Signed POP(初回生産限定盤A)(DVD付) エンドロールEP(初回生産限定盤)(DVD付) LIVE 弾き語りばったり#7~ウルトラタブン~全会場から全曲収録~ IDEAS~the very best of KAN~ COVER 70’s

好きな音楽、徒然なるままに。
<< 仕事納め | main | LIVE/舞台 参戦予定 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| 2014.01.18 Saturday | - | - |

GREEN MIND AT BUDOKAN
16:31
評価:
---
アリオラジャパン
¥ 8,091
(2012-06-27)
コメント:どっちの秦くんも素晴らしいのです。ちなみにどっちの会場にも参加することが出来た特別な思い入れのあるBDです。「朝が来る前に」「鱗」「プール」言い出したらキリは無いけれど、すべてが素晴らしいのです。

JUGEMテーマ:秦基博

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
更新率、あげていきたいですね〜。

さて。
12月10日には、神戸で4月のツアー以来の秦くんのLIVEを観て来ました。
年度末には昨年のツアー”Signed POP”のDVD&BD発売もありました。
忙しくて、見る余裕無かったのでこの正月休みで観る気マンマンでしたが・・・。
なぜか、今まさにワタクシの部屋で流れているのが、こっちのBD(苦笑)。
いやー、何か見たくてね。静かに、ただ静かに。

GREEN MINDのテーマとなっているインストゥルメンタルから静かに始まるLIVE。
静寂の中、秦くん登場。1曲目は「メトロ・フィルム」。
CDではわりと壮大な感じだったりもするわけなんですが・・・。
いいですね、このギター1本でのド緊張な雰囲気な中での1曲目。
この曲と「フォーエバーソング」の2曲で、ギター1本の世界が一気に広がって惹きこまれるのです。
ギター、上手いよね。秦くん。なんとまぁ、気持ちいいコトか。
この日、めちゃくちゃ感動して、ドキドキして、すっごく楽しかったのを思い出します。

と思ったところで、いきなり雰囲気の違う「Lily」がくるわけです。
この歌、弾き語りもそうだし、バンドでもそうなんですが。
CDよりもLIVEの方が断然イイ。ツヤっぽいというか。色気がある1曲ですね。
簡単な挨拶もMCも実は、お茶目で自虐ネタも笑いに変えちゃう秦くん。
実は秦くんのLIVEではMCでちょこちょこ笑わせてもらってマス。

「プール」という曲があるのですが。
これは、もう本当に秀逸。映像も見えるのですが、それがまた美しい。
夏の雰囲気がね、とっても伝わってくるのです。歌詞がイイ。
その歌詞を噛みしめながらユッタリと歌う秦くんの歌声に身を委ねる極上の時間。

シングル曲でもある「朝が来る前に」。
これも映像がとても素敵です。静寂の中の緊張感が張りつめたラストのサビ。
何度か鳥肌立ってるんですけど、ココも鳥肌立ちますね(苦笑)。
この歌の後、MCが入って新曲「トラノコ」も披露されるんですけど。
とっても楽しそうに歌う秦くんがステキです。今じゃLIVEでは定番になってる間奏の拍手。
ちゃんと出来てるところで、思わず笑っちゃう秦くんカワイイですよ。

ループを使って1人でリズムを作ってからの「今日もきっと」。
1人でも色んな事が出来るんだなぁ、と感心しちゃいました。
同じループを使って、まったくテイストの違う曲も出来ちゃう不思議さ!!
「赤が沈む」はブルージーな感じだから、意外性もありますねー。

ずっと座ってばっかりの(笑)LIVEですが、次の曲で「唯一盛り上がれるタイミング」な曲登場です。
この歌もLIVEではかなり定番で、ここぞとばかりに盛り上がっちゃいます♪
で、この流れでいよいよ「鱗(うろこ)」ですよ。
ギターで始めるリフがまた素敵で。
正直この曲は、ナマで聞くたびにその時がいちばんイイって思える曲なんですよ。
最後のサビはいっつも鳥肌立っちゃう(苦笑)。ゾワゾワーってなるんですね。
亀田さんの作ったイントロも本当に素晴らしいんですが・・・。
こういうシンプルなバージョンの「鱗(うろこ)」もそれはそれは素晴らしいのですよ。
新しい歌〜水無月での盛り上がり、そして最後は「アイ」。
本編最後まで感動が押し寄せますからww

アンコールは2012年に発売されたEP「エンドロール」の表題曲。
もちろん演奏された時点では、新曲で発売前の楽曲。
一気に惹きこまれたのを覚えてます。
これは先に弾き語りバージョンを聴いて、そのあとにCDのバンドバージョンを聞いた事もあって。

なんだか、この限定盤。
Amazonさんでは中古ではそこそこのお値段でまだ手に入りますから。
気になった方はぜひどうぞ〜。

そしてこの春、秦くんが2年ぶり!?のGREEN MIND 2014ツアーを開催しちゃいます!!
けっこうな数の会場を回ることになりそうな今回の弾き語りツアー!
もう本当にとろけますから!!未体験の方こそぜひ参加して欲しい☆
もちろん、ワタクシは何を差し置いても(笑)、相方と参加する予定でーす♪

| 2014.01.02 Thursday | か行 | comments(0) |

スポンサーサイト

| 2014.01.18 Saturday | - | - |
Comment